予想外だった話

10月19日、「二十日鼠と人間」を観に行きました。経済的理由で断念しようか迷っていて、とりあえず原作を読んだらとても感動したので勢いで申し込んだら当たったという経緯がありました。罪悪感は拭えませんでしたがとても楽しみにしていましたし、その分節約を頑張ったつもりでした。

直前に健ちゃんFRIDAYされちゃったけど、それは全然問題なく。相手の方のことはあの写真でしか知りませんが、まあハタチくらいの若い子じゃなくて良かったなくらいの気持ちです。

で、二十日鼠。

すっごく楽しみにしてたんです。いやいや、まるっきり原作通りとはいかないってちゃんとわかってました。キャラ設定やストーリーそのものがガラリと変わることもある、期待し過ぎちゃダメだって自分に言ってたんですちゃんと。

でもやっぱり期待してた。先に観劇した人のレポが「沢山泣いた」ってあったからもう泣く気まんまんでミニタオル握りしめていった。わっくわっくしながら仕度してグローブ座いったの。


そしたらさー。

まず冒頭のジョージとレニーが口論する場面。精一杯声張り上げて滑舌悪くなって何言ってんのかわかんなかった。開始早々一気にテンション下がりましたわ。今までドラマや映画で激昂して言い争うシーンは幾らでもあった筈だけどこんな声張り上げてんのなかなかないですよ。結果健ちゃん喉傷めて、普段は筆談してたそうじゃないですか。歌手の喉に何してくれてんのこの演出家。素人かと思いました。

で、それからキャンディが登場して。ホワイティなる人物についてコミカルに滔々と喋るんですけど、あのー、一気にステージが現代日本になりました。キャンディでなく山路さんでした。ハイだめー。

あとそれから病気の犬を殺せとカールソンが要求する場面。役に立たないどころか悪臭を放つ病気の犬。ほっといてもそのうち死にそうな犬を殺せと激昂したカールソンは少し気まずそうに肩を落として「その方が犬にとっても幸せ」と付け足すのだけど、そういう考え方も思いきり現代。

もっと徹底的にアメリ季節労働者の荒んだ価値観を醸し出して欲しかった。隠しきれない現代日本の空気、邪魔!この辺で、この演出家ちょっと好きじゃないなあと思い始めてました。

しかしここからまだまだ。


カーリーの妻。彼女とうっかり話などしようものなら嫉妬したカーリーに痛め付けられるから、と男達から距離を置かれてます。でも本人は関係なく話し掛けて回るから余計に疎ましがられてる。疫病神扱いです。原作を読んで、可哀想な人だと思ってたんです。本人がいう通り「ここには男しかいないのに」男と喋ればトラブルになる。「じゃああたしは誰と喋ればいいの?」ってそりゃそうだよね、話し相手がいないのは辛い。ただ誰かと話したいだけなのに常に浮気を疑う暴力的な夫。精神的DVですよこれ。…と思ってたら。

スカート捲って足見せてましたわ。そりゃカーリーも苛々するわって話になってました。

ふっざけんな演出家!って思いました。名前すら呼ばれないこの人が余計に可哀想になりました。

そしてこの人が不慮の死を遂げた時のこと。ラストの悲劇に繋がる大事なところです。

ホイットは和ませ担当というかおちゃらけ要員というかそういうキャラ設定になっていましたが、その
瞬間でさえおちゃらけるのです。やってきたカーリーにその死体が見つからないよう全身を使って視界を遮ろうとする、そのしぐさ。

その場面でおどける必要は、ない!ほんとに、お願いだから!演出家考えて!


グローブ座を出て電車に揺られながら考えていたのはもうはっきりと「お金、無駄遣いしたな」でした。「あのチケット代で代わりに何買えたかな」でした。とりあえずもうあの演出家のものは二度と見に行かない。


で、表題の予想外のことというのはここからのことです。

当日は「あの演出家の作品」は二度と見ないと思ったのですが、考えているうちに「もう舞台そのものを見に行かない」になり、「現場自体手を引こうかな」と思うようになりました。来年あるかどうかのV6コンサートも「…どうしよっかなー」と思い始めています。TOP HATのレポを読めば「楽しそう、こっち見たかったな」と思う反面「あの二十日鼠で泣く人達の感想だしな」と冷やかに思いもします。更に滝沢歌舞伎のDVDは買ってませんし、V6の新曲ですら今のところまだ予約してません。びっくりするくらい心が静かです。どうなるんでしょうさようならでしょうか。唯一「来る」は見る気満々だったのですが虫が沢山でるらしく、ホラーもスプラッタも平気だけど虫は本気で苦手な私は映画の方からお断りされた気分です。いやまじで卒業でしょうかV6。どうかお元気で。

あいしても

「アイシテモアイシテモこの世界中に君はいない」
って歌った本人がこの世から消える。

タッキー年内引退の知らせを聞いてからずっとモヤモヤしてる。タッキーがJr.教育に力を入れていて自分のことは後回しなんてことは別に滝担でなくても知ってた。ジャニーズファンでなくても皆知ってる、多分。そっちか忙しくてタッキー&翼の活動まで気が回らなかったんだって皆知ってる。

だから今回の報道の前半戦、ジャニーさんがタッキーを後継者に指名っていうのも「だろうね」くらいの反応だったし、なんなら「他に誰がいるのか逆に聞きたい」って思った。

なのにモヤモヤしてるのは、一重にKEN☆Tackey の活動があったからだ。

KEN☆Tackey でのタッキーはニコニコ楽しそうだった。先輩である健ちゃんと組むことで「他人に任せる」ことの気楽さや「自分の世界にはない衣裳・楽曲を敢えて受け入れる」ことによる新鮮味が溢れていたと思う。なにもかも背負いこみがちなタッキーが健ちゃんに振り回されて沢山笑っていたのは本当に、本当に可愛かった。自分自身のアイドル活動にはさほど熱心ではない感のあるタッキーがキャピキャピした王道アイドルを全力で楽しんでていて、だから期待してしまったんだ。


いつかタッキー&翼が復活した時、それはきっとすごくパワーアップしてるだろうって。「肩に力が入ってガチガチだった自分」を自覚したタッキーは生まれ変わるしタキツバの活動も大きく変わるだろうって。そんなにタキツバのことは知らないし、曲も数曲しかしらない。だけど楽しみだなって思ったんだ。新生タッキー&翼はどんなのかな早く観たいなって思ったんだ。このまま解散するのかなと思わないでもなかったけど、いや大丈夫!大丈夫になった!ってKEN☆Tackeyみてて思ったんだ。


それが解散どころかタッキー引退なんて夢にも思わなかった。一人で重責背負いこんでガチガチになってたタッキーが健ちゃんによってほぐされて、で、更に全力でJr.を丸ごと事務所ごと背負いこむ方向にいくとは思わなかった。反動?何これ反動?肩凝りでいうなら揉み返しってやつ?

タッキーは努力家で何にでもやり過ぎなくらい全力で、器用で、だからバラエティでもドラマでもアイドルでもいわれるがままこなしてきた。でも時々目が死んでて本当に表舞台には興味がないんだなってわかる。わかるよ!わかるけど!ジャニーさんのセンスを継承って、ジャニーさんのセンス…

ダサいじゃん!

ダサさとキャッチーさの絶妙なバランス、ダサすぎて同情しちゃって愛着湧く*1みたいなさ、今度から全部「これタッキーが考えたの…?ないわー」みたいなことになるよ?例えば7MEN侍だっけ?「これなんて読むの?えっ本気でこれなの?なんでこれで行けると思ったの?」っていうのがこの先全部「これタッキーが考えたの……?」ってなるんだよ?

滝担血の涙だよ。



結果的にタッキーにとってKEN☆Tackeyは現役最後の打ち上げ花火みたいなもので、つくづく「十万売れて良かったあ」と思う。本当に…盛り上がって良かった。滝沢さん良い思い出になりましたか…?私はなるー(涙)裏方に回っても時々は顔見せてね(涙)



翼に関しては体調次第では活動再開していく訳だし、ジャニーズよりもっとまっとうな事務所を選んで堅実に活動してくれればいいと思う。やっぱり健康第一だから。目眩はね、ほんと辛い。とりあえず退院はできたようだけど、無理は禁止。お大事に。いつか川野直輝と共演してね☆

*1:私の場合Sexy Zone

KEN☆Tackey

行ってきました滝沢歌舞伎!

4/25の水曜日、そう、山口メンバー( )の不祥事発覚の日ですが、演舞場にいた私はまだ何も知らなかった。

去年は一部がショーで二部がお芝居というスタイルだったけど、今年は完全にショースタイルにすると事前に聞いていました。聞いていたけど深く考えていなかった。
去年も一昨年もそうだけど、脈絡がなさすぎるよな滝沢歌舞伎。いろんな演目があるのはいいけどそこに一貫するものがないのよ。滝沢"歌舞伎"を名乗りながら「和」ですらないものが多すぎる。私、いわゆる王道のジャニーズ舞台を知らないので、こういうのが普通なんですかね?しかも観客はみんなジャニーズ全体が好きなんだって体で進めてく。入所した頃の幼いキスマイの映像とかどうでもえーわって話です。一般のお客さん無視か。あっ林くんが編集したんだった。わーごめん、小さな藪くん可愛かったです☆

健ちゃん自身は素晴らしかったですよ?KEN☆Tackeyの逆転ラバーズは思った以上にアイドルソングで思わず笑っちゃったけど、振り幅広くていいんじゃないでしょうか。浮世艶姿桜はやはり最高でした。蒼き狼、去年一度聞いたきりで記憶もあまり残らず残念だったのですが、いざ聞いてみると「あ!これ知ってる!」と謎の感動に見舞われました。それからwith LOVE、今年は私一階の花道寄りだったのでフライングする健ちゃんをよーく見ることができました。なんなら目が合った気すらする。

ただ仙吉親分がさあ…出番少なくてさあ…お丸ちゃんに完全に負けてたね。お丸ちゃん、大好きだけど。本気で可愛いと思ってるけど。でも花道を駆けていく背中は超デカかった。

あと、SPARKな!大好きな曲だけど滝沢歌舞伎にはそぐわないだろうってモヤモヤしました。大好きな曲だからこそ、かな。

私は健ちゃんとタッキー、そして林翔太を見に行ったようなものなので、出演するジュニア全員について興味も知識もある人に比べれば楽しめなかったとは思います。長谷川純すらよく知らないレベルなので。DVD/BRも買うかどうかわからない。去年のような、「これは通いつめたくなる気持ちわかる!多ステしたくなる!」という気持ちは今年はありませんでした。
だってさ、ほらあるでしょ。Pixivとかでさ、Twitterで流しただけの思い付きネタを「小ネタ集」「ボツネタ供養」とか言って纏めてUPしちゃってる作品。前後のないワンシーンだけがずらずら並んでんの。短編集にはなっていないレベルの、素人のお遊びだから受け入れられるやつ。滝沢歌舞伎、とりあえずお金掛けて豪華になってるけど基本的にあれと一緒だと思った。去年は鼠小僧の尺が長かったのでバランス取れてたんだけど、今年はそれも短かったからさ。核となる演目がなかった。

でもさ、「ショースタイル」だからね。ジャニーズのショーはこういうもの、これが王道、なのかもしれない。でもさ知らないから私。

それでも観ている時はやっぱり楽しかったです。五条大橋での林くんの歌ソロは上手くてびっくりした。1つ1つの演目を振り返れば「良かった」しか感想はないのに全体を振り返ると「うーん…?」となるこのモヤモヤ感…。

そして帰りの電車で知った山口くんのニュース。

うーん?どうしてくれようこのモヤモヤ。DVDはやっぱり買わないと思います。

カウコンを前に思うこと。

赤い封筒が届く。喜ぶ

皆の反応の激しさにたじろぐ

自分が担降りした時を思い出して不安定になる

もうどうでもよくなる

という一週間でした。


もう余りに沢山の人がブログやらなんやらで書いているので、自分が書くことすら食傷気味ですが、まあ考えを纏める為に書いておきます。アクセスどうせ少ないしな。



今回の結婚で噴き出した岡田准一への不満は、どれもこれも前から言われていたことばかりで、多分岡田准一本人は知った上で切り捨てていたものだと思うのです。例えば、宮崎あおいだけは嫌だ別れて欲しいとか、痩せろとか、ダンスを手抜きするなとか。大物俳優ぶるなアイドル業を疎かにするな、とか。全部初耳だとは言わせない。

知った上で、考えた上で、岡田准一は行動を選択していた筈です。「失望されてもこれが本当の自分だから仕方ない」*1と割りきってきた筈です。

本当の自分を知って欲しい、そしてそのまま受け入れて欲しい、という願望があるんだなと思っています。

その割に自分を大きく素晴らしくみせようという虚栄心凄いけどね!

とにかく今回のファンの反発のうち、目新しいものは「12月24日」ただ一点です。でも、これはもう修正できないからね。やっちゃったものは仕方ない、堂々としていて欲しい。

つまり、岡田には今更あたふた狼狽えないでいて欲しいのです。変な自己弁護しないでくれればそれでいいです。

二人の馴れ初めに関する印象操作は実際のところ双方の事務所の意向だと思うので、そこは岡田を責めるのもどうかなと思います。事務所に逆らってまで「いや、不倫だったんです」なんて言える訳ないし。

やりたいようにやる生き方も別にいいと思います。
「やりたいから」「好きだから」でいいんです。コンサートではしゃいでたのも「楽しかったから」でいいのに、「末っ子の役割で~」「皆が喜ぶから」みたいに勿体ぶらないで欲しい。


結婚発表後、岡田准一本人のアクションはまだ一切ないですが、正直怖いです。

やりたいようにやる癖に批判が多いと顔色みてくるところがある、自己正当化してくる、その揺らぎがちなところが情けなくてたまらない。今回だって急遽入籍を一日早めたとかいうじゃないですか。なぜ早める必要があるの?クリスマスイブに入籍して同日それを報告しようと思っていたのなら、情報が漏洩しようがそのまま貫けばよかったのに。なぜ早速揺らいでるの?

明日のカウコンで岡田は堂々としているでしょうか?幸せそうにしているでしょうか?していたら多分「ファンの気持ちがわかっていない」「空気読めない」とまた批判されるでしょう。でも自分が決めてやったことなんだから堂々と、いっそ開き直っていて欲しい。腹を括って構えていて欲しいの。担降りした身であれだけど、これ以上失望させないで欲しい。

*1:ananでの発言、アニバコンの頃?

元自担からの御手紙

23日の朝Twitterみてびっくりしました。赤い封筒の件で大騒ぎしている。単にその色から「赤紙」と呼ぶ人もいて皆戦々恐々としている。

赤紙」、所謂召集令状。死地への呼び出し。

やー、確かに息の根止められちゃう人もいるでしょうね。こればかりはね。


私はね、相手の人も大好きだからそりゃもう嬉しいです。やっとか!と思ってます。おめでとう!おめでとう!でも喜べない人も勿論いて当たり前ですからね。無理に祝福する必要はないです。


そして24日、ついに私も受けとりました。真っ赤な封筒。

嬉しかった。嬉しかったなあ。だって二年連続で七夕の短冊に書いたんだもん、早く結婚しますようにって。叶ったー。

D×Dから知ってるあの子が。徐々に標準語になり、スキャンダルもあったり、なんやかんやとその成長を眺めてきたあの子が、ついに結婚ですよ。感慨深いわー。奥さんの方も中学生くらいから見てるからね。人生ってほんと色々ありますね。結婚してからも勿論色々あるでしょうが、死ぬときに「良い人生だったなあ」って岡田が思えたらそれでいいなあ。



ただ誤配達した郵便局員さんが叱られているだろうこと、これは可哀想です。フライングのお陰で心の準備ができた人、沢山いると思うから。私は新居の完成と同じ頃に入籍だろうと勝手に思っていたのでこのタイミングはまったく予想していなかった。何も知らずあの赤い封筒を手にしていたらやっぱり驚いていたと思うので。だから該当の郵便局員さんは、叱られただろうけどめげないで欲しいな。ただでさえ忙しいこの昨今に日曜まで仕事させて、私達の岡田がごめんなさいね。

久松くんのいない日

トットちゃん!の久松くん。

期待以上に可愛くいじらしいキャラでしたね。もう毎日毎日うっとり見てました。

トットちゃん!はその展開の早さで実は第一週でさっさと脱落したんです。え?前回見逃したっけ?話飛んでない?って落ち着かなくて。そしたら健ちゃんが途中から出るっていうじゃない?録画どうしよう。何しろ途中からだし、箇条書きの羅列みたいなドラマだと個人的には思ってるから録る価値あるのかなと思うし、でも健ちゃんの出番だけ残すのもやっぱり変だし、と悩んだけれど、ああでも本編が既にダイジェストみたいなものだから健ちゃんの出番だけ抜きとって纏めても問題なかろう!と腹を括りました。

やー。久松くんほんと可愛い。

登場する著名人達については視聴者の予備知識でもって脳内補完よろしくみたいな、みんなわかるよねーって断片的な描き方をするドラマじゃないですか。だけど、久松くんだけはオリキャラだからかその心情の変化が丁寧に段階を踏んで描かれてた。なんというか、ドラマの登場人物として唯一ちゃんと完成している感じ。久松くんが「惚れてんのか」って渥美清に嫌味っぽく揶揄されて「え…?もしかして俺…」みたいな顔をしたり、トットちゃんが見合い結婚すると聞いてがっくりしたり、「反対します!以上!」と机をバン!と叩いたり、その後婚約破棄したトットちゃんから好きな人はいないと聞いて思わず口元を緩ませるところ、もうこのじわじわ育つ恋心ってやつ!可愛い!この一連のシーンだけを繋いで残してある私優勝。

でもまさかあんなにきっぱり告白すると思ってなかったの。ずっと片想いでいくのかなって。そしたらさあ、

「3割でいいので!仕事7割、僕は3割でいいので結婚して下さい!」
「じゃあ1割、0.5割でもいいから!」

私もうこれを越えるプロポーズ、この先見ないと思うわ。あの久松くんにこれを言われて淡々と断れる徹子は何者!?ほんと、「なんであんなけろっと断れるんですか」ですよ。プロポーズしても断られるのは史実(?)として最初からわかってるけど久松くん可哀想だったーでも屋台でやけ酒飲んでる久松くん可愛いかったー。

あのね。途中から、健ちゃんと久松くんどちらが好きかという不思議な悩みが生まれまして。そしたらねー

久松くんの方が好き!!!


シャープさんに壁ドンされて上から目線の告白されて戸惑ってる久松くんも可愛いし、、数日考えた結果屋上にシャープさん呼び出してまずやったことが「あんぱんを分けっこして一緒に食べよう」っていうのも、どんだけ奥手なんだ可愛いな!

あのね、私、主人公にフラれた脇役があっさり別の脇役とくっつくの好きじゃないんです。何もなかったかのように良い友達ポジションに収まるの好きじゃないんです。だから、シャープさんが「こないだの話、忘れて。テヘッ」みたいに掌返して走り去ったのはすっごく嬉しかった。翻弄されて途方に暮れてる久松くんもすっごく可愛かったし。このワンクッションがあったから、結果的にやっぱりシャープさんと結婚し尻に敷かれ子供四人という展開も微笑ましく見られた。久松くんが四人の子持ちですよ!
娘四人なのにシャープさん言葉使い荒いんだよ男児持ちのママさんみたいだよ大変なんだろうな四人って。

トットちゃんも来週いよいよおしまい、久松くんの出番も減ってきています。寂しいな。トットちゃんの遠距離恋愛が美しく描かれているけど、二人を仲介したのは久松くんだからな!久松くんトットちゃんのこと吹っ切れたから紹介したんだって解釈多かったけど、あれは単なる親切心だと思う。ファンだというからじゃあ会わせてあげようか、と挨拶握手等ファンサ貰えたらいいねみたいな気持ちで紹介したらなんと付き合いだしちゃったみたいな。久松くんびっくりしたと思うよ。

あー寂しいなー。久松くんに会えなくなる。健ちゃんには会えるけどさ、久松くんはもう会えないんだよ。寂しいー。久松くん大好きだよー。寂しいー。

10月7日、初の横アリ。

V6としての初現場、横アリ2日目に参戦してきました!

レポでは沢山読んできたけれど、本当に岡田が面白くて変で笑いっぱなしでした。俳優岡田のファンであってアイドル岡田には興味なかった昔の私が見たら激しく戸惑ったことでしょう。こんな人じゃなかった筈だぁぁぁ!



コンサートが始まる前に決めたことは、『なるべく全景をみる』でした。6人の表情とかじゃれあいとか勿論観たいけれど、それはDVDで観られるから。ステージ演出をじっくりみよう、とオペラグラスは殆ど使わず最後まで観ていました。滝沢歌舞伎の時にね、健ちゃんだけをオペラグラスで観ていたのが多くて全体像の記憶が殆どないのが後から惜しくなったんですよね。演目そのものの感想が何もない。しくじった、とずっと思ってたんです。だから、コンサートではまず全景。演出。そして映像化した時に細部を見ようと決めたんです。


で、まああ!Answerが特に素晴らしかった!DVDの初回特典映像で全景を定点撮影したものつけて欲しいマジで。結局私は楽曲重視なんですよ。6人のわちゃわちゃよりファンサより楽曲をいかに楽しめるかが大事だったんです。コンサート終わってからわかった。私はAブロしかも前から二列目だったのでアリトロが結構近くを通り、メンバー全員目の前で見ました。それはそれで嬉しかったし興奮したけれどその分曲はちゃんと聴いていない訳で、後になって「by your sideの記憶がない」とか「あー!せっかくの生のセクバニを、坂本くんのセクシー!を軽く聞き流してしまったぁ!」とか、「銀テに気を取られているうちにレッツゴー終わってた!」と後悔するのは曲のことばかり。とにかくせっかくの生歌を軽く聴いてしまったっていう後悔がハンパなかった。あの曲の!あのフレーズを!あの声を!もっとじっくり味わうべきだったあ私の馬鹿!
銀テに関してもね、聞いていた通りスタッフさんが落ちてるものを拾って何度も渡してくれて、とてもありがたい素敵なことですけど、でも何回も何回もそうやって銀テ渡されてるうちに(多分5回はきた)「曲に集中させて」と思ってしまいました。スタッフさんごめん。


や、でもさ!そんなこと言っといてさ、健ちゃんにファンサ貰ったんだよ!凄くない?メンバーはやはり遠い席の人を気遣っていてアリトロに乗っていても目線は皆上の方なの。こっちは見もしない。健ちゃんもさーっと目の前を通り過ぎていった訳よ。そんなもんだよ仕方ない。と思ったらさ!通り過ぎてから健ちゃん振り向いて、目があったのよ!そりゃ手を振るでしょ!両手で振るでしょ!「健」うちわは胸に立て掛けて両手つきだして振るでしょ!


ラジオ*1で福岡公演に来たファンからのメールに対し、


三宅:この子覚えてる、目あってたもん、ドラマが始まりそうな感じだった。
東京ラブストーリーなみの、3カメでお互いの寄りがクロスしていくみたいな、そのぐらい見つめ合った覚えがあるね。
覚えてるよ。多分トロッコに乗ってるときじゃないのかな?



まさにこんな感じで結構長く見つめあってた。や、マジでドラマが始まりそうというか絆で結ばれちゃいましたみたいな感じで、(あーストーカーってこんな勘違いで始まるのかなあ健ちゃんピンチじゃん絶対ストーカー何人か抱えてるなこの人)って考えてた。でも実際の私はちょっと泣きそうな顔ですがり付くみたいに必死に手を振っている訳で、健ちゃんは口元に笑みを浮かべつつ「大丈夫俺がついてる」みたいな穏やかな顔で手を振り返してくれた。その間もトロッコは進んでる訳で、健ちゃんは進行方向に背を向けて手を振ってくれていた訳で、私もう一生健ちゃんについてくわ。

やっと健ちゃんが視線を外し体の向きを変えて新たな人にファンサし始め、もう興奮しながら隣の息子に「みた?健ちゃんと目があった!!」と言ったら、めっちゃ冷たい目で見られた。つーんって感じ。


こんな幸せな記憶も反芻すればするほど薄れていくもので、人間て悲しいなー。10/9のビデオ撮りの日にもどうか健ちゃんは同じ優しい顔で誰かに手を振っていてそれがDVDとBDに映り込んでいますように。

*1:2017.9.18