読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざ舞いる

待ちに待った滝沢歌舞伎DVD。もう何回リピしたことか。

やー!開幕した瞬間からたぎる!

『Maybe』
当然ながら、健ちゃん一人の歌声。最初に聞いていてまず思ったのが、何故か「ひろしの声がしない!」だった。普段ひろしなんて呼ばないし、長野君一人の声が目立つ曲でもないし。なんでだろう。とにかく「全部健ちゃんの声だ…!」とわなないてしまった。感動。

そして後ろで踊る二人。ほぉおまえが佐久間…。宿敵にやっと会えた気分。何故かにやり。

意外と佐久間て小さいのね。もっとひょろ長い人だと思ってた。

『お化け』
林翔太いい声。そしてちょっと窪田正孝に似ていて、しかしバカリズムにも似てる。割合的にはバカリズムの方が強い感じ。声よし、演技上手い、Maybe でのダンスも良かった。何気にレベル高くない?

『mask』
これは観劇した人のレポによると、健ちゃんの足の具合によって完全に座ったままだったり、立って踊ったりと日々変化した演目。スクリーンの映像とリンクした振り付けがかっこ良く、凄みがあり、渋くて素敵でした。座ったままだとどんな演出になったんだろう、それも観たかったな。

で、何より健ちゃんの表情がさ!凛々しく険しく、凄みがあっていいのね!これだよこれ、可愛いだけじゃない人だよ健ちゃんは。ドラマでこういうのやってくんないかなー。

『太鼓』
これはまあニュースとかで見たままです。


『四剣士』
これ本当は健ちゃんが青剣士で、怪我以降は黒がその代役を務めてるのね?流れがさ、一体誰と誰が戦って誰が仲間なのかわからなかった。皆が皆と戦う意味は?

『蝶の戦い』
連獅子で赤髪がタッキー、黒髪が健ちゃん。
あの隈取りは正解なのでしょうか。上から黒いものが大量に振ってきて健ちゃん倒れるんだけどあれ何。


第二部の『鼠小僧』

健ちゃん舞台だとああいう発声なんだね。格好いいね。ストーリーは簡潔。しかしえ、それで終わり?って感じでした。


で、ラスト『LOVE LOVE』
健ちゃんが飛んだよー!そして着地の際、皆に丁寧にアシストされていたのが嬉しい。登場の際歩き方がぎくしゃくしていて、ああ怪我してるんだねとわかる。つーかそれ以外わからないのがすごいよ!



公演期間中、いろんな人が書く観劇ブログを読み漁って内容は把握していたつもりなんですが、それでも「えっ?何?」ってところは沢山ありました。全体的に細切れというか唐突というか、でもこんなものなんですかねー。

個人的に気になっていた佐久間→健ちゃんの絡みは思ったよりあっさりで、ああ演出なんだなと思いました。もっとイッちゃった感じの子かと思ったけれど、意外におとなしげで繊細な感じだったので佐久間。


で。今回の個人的目玉コンテンツ。
ボーナストラック、健&タッキー版の『浮世艶姿桜』。

皆がセグウェイセグウェイ言ってたのはこれか!知ってたけど最初の感想はやっぱり「セグウェイ!」だった。

順番としてタッキーが一人でやってる『浮世艶姿桜』を先に観たけれど、感想は「セグウェイ!」あと「帽子光ってる!」だった。
あと手袋が光っているのをみて何故か「…ディズニーみたい」と思った。理由はわかりません!
バトンが光るのは凄く綺麗で良かったね。


で、健&タッキー版。

歌声が、タッキーひとりか健ちゃんと一緒かどうかでこんなに印象変わるんですね。二人の声がとても相性いいと思ったのは気のせいでしょうか。私は健担だから健ちゃんの歌声が素晴らしいと思うし、王道な歌声のタッキーが健ちゃんの声をより引き立ててくれていると思う。逆にタッキーファンにしてみたら、健ちゃんの声が最高のアクセントになってタッキーの声を引き立てると思うんじゃないかな。これは…みんなCD化して欲しがったのわかる。買う。

ダンスはね、曲の最後の音に合わせて健ちゃんが両手をバンッと振るのが格好いい。間奏部分で健ちゃんも帽子光らせるのかと思ったけど、ここは一旦退場してたのでしょうか。


やーほんとに良い。また見る。

毎日毎日滝沢歌舞伎みて、みんパラみて(結局見てる)、今日は手話もあって、幸せです!健ちゃん愛してる。