読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスミックレスキュー

今さらながらコスミックレスキュー見ました。コズミックじゃなくてコスミックなのね?ズじゃなくてスなのね?

正直期待してなかったけど、まあまあ良かったです。2003年の作品なので時代の差みたいなものもあり、まあ気楽にツッコミつつ見ました。邪道な楽しみ方でしょうが面白かったです。


・岡田茶髪。眉細い。the猪突猛進。

・カミセンの所属は第89師団。たった3人なのに師団。小隊にも足りないよねえ3人て。

・政府の高官遠藤憲一、若い!そしてヤクザじゃない!でも案の定悪い。

・宇宙服を着ているからには無重力の筈なのに、まさかのコイントス。あ、船の中だから?破損して爆発してるけど?

管制官の一人が津田寛治。中盤まで気づかず。

・「俺のパソコンだけIntel入ってない」って…えええー。凄いパソコンで宇宙事業やってんだな。

堀北真希、目ぇでかっ!可愛い。つかそもそも進入禁止区域で堀北達何やってたんだろ。

菅野美穂戸田菜穂、美しさ多分絶頂期。でも今とそんな変わらない。相変わらず美人。

・パトロール隊員を襲って捕まったりしてるのにいつのまにかするっと仲間の元に戻ってる澤田(岡田)。政府の皆さん、あっさり逃がしすぎじゃない?ザルすぎじゃない?

森下能幸はどこにでてんの?3回みてやっと見つけた。廊下のカップルだよね?

・南條(森田)の過去。デブリと衝突した宇宙船から乗員を救出するも大爆発。たった一つの救命挺にバディを乗せて送り出す(ここでコイントスです)……えっと、救出した乗員はどこに?元々乗ってきた船もどこに?

デブリが接近して衝突の危機、275師団の船を救う為に89師団『チーム南條』が出動するも、基地のハッチが開かない。出動できない!江口(健ちゃん)躊躇わずにハッチを撃破、強引に出動。ああーやっちゃった…。え、基地の人達なんで怒らないの?「おおー」じゃないでしょ。だってさ…空気漏れるじゃん。そこ月面なんデショ?…ヤバイじゃん…。


・そしてクライマックス。デブリに衝突され大爆発する275の船。一人宇宙に投げ出されている澤田(岡田)。激しい炎と爆風の中から飛び出してきた南條(森田)にキャッチされ、何かに掴まって爆風と炎に耐える。

そこは宇宙空間、あの爆風で飛ばされないとは君達の掴まってるそれは一体ナニ。そもそも宇宙空間で炎とは…と言いたいけれどそこはこの作品に限らず暗黙のお約束的に許されてるので言わない。


正直、クライマックスのここら辺の流れが一度目はよくわからなかった。

事故の生存者堀北真希は、事故を隠蔽したい遠藤憲一と一緒に275師団の船に乗せられている。そこへデブリ接近、衝突。南條達は89師団の船で助けに行き、275乗員を89の船に。しかしその途中で連結部分が破損。岡田が…じゃなくて澤田が宇宙に取り残される。

ここら辺の澤田の言動が2年前の南條の出来事をトレースしているので、堀北は救命挺に乗せられたんだと思っちゃった。で、当然前後の流れと合わないので暫く混乱してしまいました。あと、カミセン3人とも宇宙服着ちゃうと誰だか判別し辛くて、それで状況が掴みにくかったのもある。混乱しながら何回か見直してようやく理解。

でも89の船から澤田を助けにいった南條が何故炎の中から飛び出してくるのかはまだわからない。4回目みなきゃダメかな。まあ多分みるけど。


今回まだネタバレとか感想とか見てないので、まだ気づいてないこともあるかと思います。まあまた見るから。

今回森田は淡々としていてさほど感情表現はないんですが、その抑えた悲しみがやっぱり上手い。逆に岡田は常に大声、喜怒哀楽が激しく、さほど演技力のいらない役柄だったこともあってちょっともったいなかったかな。健ちゃんは冷静沈着な影のリーダー。こういう知的な役良いよ!