読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブセン

アニバ特需、ということで今年はV6のテレビ出演はとても多かった。少しお腹いっぱいなくらいだった。しかし来年になれば一気にご無沙汰だとみんなが言うので、私もそのつもりでやりたいことを来年までとっておく予定をたてていた。


まずは「Hey!Say!JUMPファンからみた24時間テレビの感想」の掘り起こし。Hey!Say!JUMPファンはV6をどう思ったのかを調べて回りたい。「おっさんしゃしゃるな」なのか「さすがベテラン、スゴい」なのか。気になる。

だが正直なところ、私はHey!Say!JUMPの面々について「岡田にめんどくさい絡み方されてる伊野尾有岡」以外全く印象に残らなかったので、あちらも「いのちゃんにやたら構う岡田という人がいた」「生男子会の三宅って人絡み辛い」程度にしか視界に入っていなかったかもしれない。気になる。


あと、それからラブセン。Vすごろくがやってみたかった。恋愛ゲーム本編は別にいらない。でもガチャでコンサート衣装が手に入る(そしてメンバーに着せられる)のも面白そうだった。来年になったらやるつもりだった。

なのに、学校へ行こうが終わった途端に登録してた。そして岡田准一と恋愛してた。結局岡田です…。


Vみくじ。
今のところ坂本くんが多いかな。「聞こえない挨拶は挨拶じゃない」名言。

長野くん、「美味しいもの食べたら腹筋」(うろ覚え)。

イノッチ、「実はアナウンサーじゃないんです」知ってる。

岡田准一、「そんな可愛いこといわれたら、(私)をめちゃくちゃにしたくなる」

ときめくわ!大吉か!と思ったら凶。めちゃくちゃにする、ってどうも技をかけられる方らしいです。嫌だ。あと別の日は「もも上げ30回しないと寝ちゃダメ」だって。ひどい。そしてその日のVすごろくでは、黄色い宝石を拾った際格闘家ジュンに「お金大好き(私)姫がなんたらかんたら」と言われた。なんなの岡田。

ゲーム本編は本当につまらんです。頭を一切使わない仕様なので退屈。ガチャはコインがないとできなくてつまり有料。つまらん。

イベントの方、船旅のやつは健ちゃんプレミアエンドをクリアして、健ちゃんと付き合うことになり、さてここからときめく…と思ったらその先有料。

何回もいうけどお金だしてやるほど面白くはない。なのでイベントはもう放置。本編も、とりあえずクリアしたら次は三宅ルートでやってみます。その後はしらん。Hey!Say!JUMPファンのブログ漁ってると思います。

一体伊野尾ファンは岡田准一をどう思ってるのでしょうか。「変なファンがついてしまった(←先輩です)」と嘆いているのでしょうか。「私達だけのいのちゃんだったのに変な脚光を浴びてしまった」と焦っているでしょうか。気になる。あと有岡ファンはなんとなくだけど「オイシイいじり方された」と喜んでる気がする。なんとなくだけど。だってキャラ立ってたし。

来年調べます。