読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いよいよ明日

相も変わらずコンDVDを見る毎日。新しいDVDいつ頃発売されるのかな。楽しみです。


セクバニコンやOMGコンの時期の岡田准一は既に体格が良い筈なのだけど、不思議なことに踊る姿にはあまりそれを感じない。躍動感のお蔭か。それとも、上半身はガッチリしても脚は変わらないからか。まあ衣装次第なところもあるのだけれど。踊っているだけなのにファンの言う「末っ子感」、弟っぽさが前面に出てくる不思議。健ちゃんが小学生とすれば岡田准一は男子高校生に見える時がある。素直で、真面目で、がむしゃらな思春期の少年。いや、中学生かな?昔のままの岡田准一がかい間みられる瞬間があって、なんだかジンとします。

セクバニコンで白いロングコート(足首丈)を来た岡田准一は、「パパのコート着てみた」子供みたいですごく可愛い。同じく足首丈ロングの長野君がとてもエレガントで貴族ぽいのに何この違い。ちなみに健ちゃんは普通丈のコートだったが、お医者さんごっこみたいでやっぱり可愛い。結論、二人とも可愛い。

Twitterで目にした「学校へ行こう」のCM画像の岡田准一は上半身がほぼ正方形になっていて手がちょこんと短く見えて、「あまりにも酷い…修整してるだろこれ*1」と愕然としたのだけど、それと同時に「ミサワの実写版できるんじゃね?」と思った。憤りとか悲しみとかそういうものは既になく、むしろちょっと面白くなってきて、岡田准一のミサワが本気でみたいと思った。岡田准一のコメディは久しくないし、ちゃんとできる人なのでみてみたい。ミサワでなくていいから。とは言え、静止画では3割増しにずんぐり見えるけど動画ではそれほどではないことが多いので、学校へ行こう本編ではそんなにミサワじゃないと信じたい。


今夜の代々木は前夜祭ですね。いよいよ明日。
代々木に行かれる皆さんは盛り上がってきて下さい。楽しんできて下さい。いってらっしゃい。

*1:下から屋上の彼を見上げるアングルなせいもある。が、ネット画像は全部、良くも悪くも弄ってあるから疑ってかかるべき、と思っている