読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7歳男児をV担に育てるには

すみません、タイトルちょっと大袈裟。どうやったら一緒にコンサートに行って貰えるか、どうやったらコンサートを心から楽しんでもらえるかという話です。

うちは私と息子の二人暮らしです。息子の父親は近所に住んでいますが猫を飼っていて、息子は猫アレルギーなので「V6見に行きたいから息子預かって」とは言えません。そもそもV6にハマってるのは秘密だ。

コンサートの時間も昼間ならともかく夕方~夜。お友達の家で遊ばせて貰う訳にもいかない時間帯。たとえ高学年になっても、一人で留守番させるには心配。

連れていくかコンサートを諦めるかの二択で、今年は「行かない」と言われて諦めた訳です。来年はコンサートがないかもしれないので、再来年かな?是非とも2年後「9才男児によるコンサートレポ」を実現したい。

因みに一昨日、「いつかは一緒に行って欲しい」と頼んだところ、「別にいいよ」と軽い返事。ただしその後に「俺はDSしてていい?」

会場で?ええ訳ないやろ。

でも6月頃に聞いた時の「誰がいくか、俺はゲームがしたい」よりは少しだけ歩みよってると解釈してます。

そもそも最初は、岡田を嫌っていました。うちの息子。「俺と岡田とどっちが好き?」と拗ねたこともありました。焼きもちか。

それがこの間、TSUTAYAにて「お母さん准の映画借りないの?」

准て言った?今准て呼んだ?


V6に心を許し始めている…!!


コンDVDをみていると、時々マンガから目をあげて一緒にみていたりします。V6が出演したVS嵐や岡田のぐるナイも笑いながらみていましたし、意外なところで「みんなの手話」を熱心にみています。手話とジェスチャーゲームの区別がついていないようですが。息子の得意な手話は、「スパゲッティ美味しい」だそうです。


この調子だ!

ただ、人の沢山いるところ、暗いところ、騒がしいところ、等々嫌いな臆病な子供なので、コンサートなんて一番だめ。おかあさんといっしょのコンサートですら、開始してすぐ「もう帰ろう」とごねた子です。


道のりは険しい。


コンサートを楽しむには、メンバーに愛着を持って貰うこと。でも本音をいうと、コンサート云々よりもメンバーよりも、最終的にV6の曲を好きになって欲しいです。小学生には難しいかも知れませんが。そしていつか中学生になったら合唱コンクールで「Good Life」や「羽根」を歌って欲しい。「僕たちの明日」は難しいけど、最近のシングル曲ならインストあるから!貸すから!伴奏これでオッケーだから!